※今後、石川県のモニタリング指標や国の措置等の状況により、開催の中止や開催内容の変更、規模の縮小となる場合があります。
※参加者におかれましては、イベント開催中はもちろん、開催前後においても感染対策を徹底し、安全安心なイベント運営にご協力いただきますよう願いいたします。

Online Select Jazz Live
オープニング演奏 金沢ジュニア・ジャ ズ・オーケストラJAZZ-21/金沢邦楽ア ンサンブル/挾間美帆(指揮)

9月
11 Sat 2021
Online Select Jazz Live9/11無料

Online Select Jazz Live
Start 11:00

公演情報

曲目/春の海、六段の調
出演/金沢ジュニア・ジャズ・オーケストラJAZZ-21、金沢邦楽アンサンブル
指揮/挾間美帆

出演アーティスト

金沢ジュニア・ジャズ・オーケストラ JAZZ-21

2005年5月に結成し今年度17年目を迎えました。金沢市民芸術村を拠点にビッグバンドジャズを通して音楽の楽しさ、醍醐味を体感し、より良い演奏表現を身につけることを目的に練習しています。音楽を通して交流の輪を広げる活動を行っています。

金沢邦楽アンサンブル

県内邦楽界の流派社中の垣根を超えて団結した石川県三曲協会が、1989年に結成。以後、1994年に金沢における新しい邦楽演奏家集団「金沢邦楽アンサンブル」が結成。日本の伝統文化を世界に発信している。

挾間美帆

国立音楽大学およびマンハッタン音楽院大学院卒業。これまでに山下洋輔、東京フィルハーモニー交響楽団、ヤマハ吹奏楽団、NHKドラマ「ランチのアッコちゃん」などに作曲作品を提供。また、坂本龍一、鷺巣詩郎、NHK交響楽団、テレビ朝日「題名のない音楽会」などへ多岐にわたり編曲作品を提供する。
2012年にジャズ作曲家としてメジャー・デビュー。これまでに自身のジャズ室内楽団「m_unit」で『ダンサー・イン・ノーホエア』など3枚のアルバムをリリースし、2013年、ジャズジャパン誌年間アルバム大賞(新人賞)受賞、2016年には米ダウンビート誌”未来を担う25人のhazama 2.jpegジャズアーティスト”にアジア人でただ1人選出、2019年ニューズウィーク日本版「世界が尊敬する日本人100」に選ばれるなど高い評価を得る。3作目のアルバム『ダンサー・イン・ノーホエア』は、2019年米ニューヨーク・タイムズ「ジャズ・アルバム・ベストテン」に選ばれ、米グラミー賞ラージ・ジャズ・アンサンンブル部門ノミネートを果たす。
2011年、ASCAP ヤングジャズコンポーザーアワード受賞。2011年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2014年、第24回出光音楽賞受賞。2020年、服部真二音楽賞Inspiring Coachを受賞。
2017年シエナ・ウインド・オーケストラのコンポーザー・イン・レジデンスに、2018-19年オーケストラ・アンサンブル金沢のコンポーザー・オブ・ザ・イヤーを務める。2019年からデンマークラジオ・ビッグバンド首席指揮者、2020年にはオランダの名門メトロポール・オーケストラの客演常任指揮者に就任。

YouTube 配信