能登復興支援特別ステージ

目次

能登復興支援特別ステージ

1 月 1 日に発生した能登半島地震により大きな被害を受けた能登地区を支援し、能登の復興をジャズで応援します。
また、能登の食材を使用したキッチンカーや支援ブースの設置を行う予定です。

【出演情報】
会場:金沢市役所庁舎前広場
下記アーティストに加え、大学生ビッグバンド、ジュニアバンドなど全国から友情出演
各アーティストの出演日時はやむを得ず変更となる場合がございます。

守屋純子SEXTET
9/14(土)18:30~予定

<プロフィール>
早稲田大学卒業後、マンハッタン音楽院修士課程修了。2005年CD “Points Of Departure”が第18回ミュージック・ペンクラブ賞を受賞。同年、ジャズ界で最も権威のある米国セロニアス・モンク・コンペティション作曲部門で、東洋人・女性として初の優勝に輝く。2004年自己のカルテットでインド公演。2008年 “モントレージャズフェスティバル”等米国ツアー、同年と2009年に、フランス・ツアーを、2014年より毎年ロシア公演を行う。全国で様々なジャズコンテストの審査員を務め、指導を行う他、米国・豪州・フランス・香港など海外でも指導している。昭和音楽大学非常勤講師、早稲田大学エクステンション、横須賀市民大学講師。

パジャマで海なんかいかない/PAJAUMI
9/15(日)18:30~予定

<プロフィール>
2019年、Besshoのソロプロジェクトとしてスタート。2020年6月に、「パジャマで海なんかいかない」として再スタート。2021年より、ベースにHaruna、ドラムにSeiya、さらにボーカリストのChloe、FiJAを加えた5人で活動を開始。Jazz/Neo-Soul/R&Bとジャンルをクロスオーバーした独特の音楽性を持ち、5人編成のバンドとしてリリースした楽曲は今までにfriendshipから「Blue」「Let me know」「Insecurity」そして2022年6月に最新曲「Trip」リリース。2021年12月には豊洲ピットにてパジャ海主催の音楽フェスティバル、PAJAMA PARTYを開催。Key.Besshoを中心に、Keishi Tanaka、 Yasei collective、藤原さくら、THE BAWDIES、そしてGentle forest jazz band feat.二階堂和美と豪華なラインナップを迎え、好評を博したアメリカ・オレゴン州ポートランド発のアウトドアウェアブランド「KEEN」のYouTubeチャンネル企画、Festival TVにも出演し、その後KEENから楽曲提供の依頼を受け、ボーカルの二人はモデルとしてその動画にも出演。

Ritual Diamonds
9/16(祝・月)18:00~予定

<プロフィール>
オーストラリアのベーシスト兼作曲家クリストファー・ヘイルの「リチュアル・ダイアモンズ」は、韓国の儀式的なドラム演奏と現代ジャズを再考し、神秘的で複雑で美しい音楽を生み出しています。 複雑なリズミカルな世界の中で構築されたこの音楽は、心を揺さぶるメロディー、巧みな即興演奏、そして壮大で感情的な広がりで飾られています。 ヘイルに加わるのは、韓国のドラム演奏の革新者ウー・ミニョンと、オーストラリアの最高のジャズアーティストであるジェイミー・オーラーズ(サックス)、アンドレア・ケラー(ローズとピアノ)、テオ・カルボ(ギター)、サイモン・バーカー(ドラム)です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!